タグ:KonicaC35 flashmatic ( 19 ) タグの人気記事
陽を求めて
d0136130_22143257.jpg
うにょうにょにょー。
[PR]
by tanabatazabun | 2009-04-09 22:16 | uda_uda
カリン様!?
d0136130_22121028.jpg
これで猫耳があればカンペキ?
[PR]
by tanabatazabun | 2009-04-09 22:12
カレーパンマン
d0136130_21591614.jpg
公園に落ちてた彼で遊んでみた。
Konica Auto-up CA


*******
初のオートアップ。
ファインダーはオートアップの枠でかなりケラレるし、ピントの合う範囲が極端に狭まる。
また被せ式なので、カメラにつけっぱなしでラフに扱うことが難しいため正直スナップには向いていない。
それでも、ここまで寄れるのは面白い。

今度カメラ屋のジャンク箱から、つけっ放しができるような速射ケースを探してみるかな。
[PR]
by tanabatazabun | 2009-04-09 22:09 | uda_uda
合コン
d0136130_061018.jpg
そういえば、合コンって行ったことがない。
嫁さんとはもう8年近くの付き合いだし、
大学時代のサークルは悲しいかな、オトコばっかりだった。
(もちろんそれが楽しい部分でもあるんだけれど)

そういえば、一度高校の同窓会を主宰して女子を呼んだら、
全くそんなことは意識していなかったんだけれども、
男子がすごく自分を女子にアピールして、合コンみたいな雰囲気になった。
自分はそのとき既に今の嫁さんと付き合っていたこともあるのかもしれないけれど、
そのときに流れる空気がどうも“生”っぽくて
どうもむず痒かった気がする。

そんなことがあって以来、合コン的なにおいのするところには近づかなくなっちゃったんだけれど、
最近嫁さんと帰宅時に飲んでたら、隣の席では男4女4の飲み会が開催されていた。

やっぱりそこにはその“生”な空気が漂っていて、
どうもこれが合コンらしい。

もちろん当事者で無いということもあるのかもしれないけれど、結婚した今では、
その空気をむず痒く感じることもなく、微笑ましく見ていた。

若いなぁ、と。

と、そこで気がついた。自分もまだまだ若いではないか。考えてみれば、去年30になった友達は積極的に合コンに行っていたし、同世代の友達も出会い出会い、と合コンに勤しんでいる。
合コンに行っている人を若い、なんて思ってしまうなんて、自分はよっぽど老け込んでしまったのだろうか。
それとも、合コンの“生”の空気に触れてないから老けたのか?

そう考えると、合コンに行かなかったことで、自分はそこで得られるはずの何かを獲得する機会を喪ったのではないか?
そう考えると、合コンも行っておけばよかったかなとちょっと思ったりもする。
まぁでも、そんなことを考えている人間は合コンなんて行かないんだろうな。

あ、ちなみに僕は25です。まだ若いでしょ?(苦笑)
[PR]
by tanabatazabun | 2009-03-15 00:29 | uda_uda
駅前通り
d0136130_2240360.jpg無関心が良いことではないことは分かっている。

ただ自分の身を守るためには
無関心でいることが一番であることもまた事実。
[PR]
by tanabatazabun | 2009-03-12 22:48 | uda_uda
神田男坂
d0136130_2382076.jpg仕事を終えて帰宅するときは1駅分歩いている。

毎日違う道を通って帰るのはすごく楽しい。
いつも新しいものに出会えるから。
[PR]
by tanabatazabun | 2009-03-08 23:12 | uda_uda
銀座ゆきんこ
d0136130_9534181.jpg
カメラを向けたら急に振り向かれた。

撮ってから、ありがとうの意味を込めて手を振った。
大人もこうやって撮れればいいんだけど。
[PR]
by tanabatazabun | 2009-03-07 09:55 | uda_uda
母のアトリエ
d0136130_21285137.jpg

[PR]
by tanabatazabun | 2009-03-04 21:30 | uda_uda
本能?
d0136130_21212423.jpg
最近見かけるこの形。
ちょっとドキッとする。

なんかガブッてされそうな感じ。

実際は、既存の駐車場をコインパーキングにしやすいからなんだろうけど。
[PR]
by tanabatazabun | 2009-03-04 21:23 | uda_uda
d0136130_21113671.jpg
帰宅途中、一心不乱に猫を
撮っている男性が居た。

フラッシュを焚いて。

明らかに猫は嫌がっているとは思ったが、
そのまま通り過ぎようとすると、男性の肩越しに猫と目が合った。

そしたら彼女、こっちをじっと見ながら男性の脇をすり抜けてついてくるのね。

そりゃもう、「あなた、行かないで!」てな感じで見つめてくるの。

いや、私貴女と初対面なんですけど。

そんなに見つめられても困るんですけど。

男性は苦笑しつつも、それでも彼女を撮り続ける。
俺を見つめる彼女を。

彼女が何を期待しているのかはわからなかったが、
そのつぶらな瞳に負けて、撮ってやった。

ちょっと失望したみたいだった。
[PR]
by tanabatazabun | 2009-02-22 21:20 | uda_uda


タグ
(55)
(22)
(19)
(17)
(17)
(15)
(15)
(15)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(2)
(2)

a href・・・

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧