新兵器 コニカオートアップ
d0136130_22544442.jpg
現在のメインカメラの一つ、コニカC35flashmatic。
ヤシカエレクトロ35CCやローライXF35と比べて、劣る部分が一つあった。

それは最短撮影距離。C35の最短撮影距離は約1メートル。
他の2台はレンズ口径が大きいこともあって、比較的寄れるほうなのだ(もちろん現在のデジカメには遠く及ばないが)。焦点距離38mmという、中途ハンパな画格で寄ることができないのは、まだ写真素人である自分には辛いものがあり、最近はC35の存在理由が揺らいでいた。(同じ画格でXF35もあるし)

d0136130_2255080.jpgだが、相当なヒットとなったC35には様々なオプションが存在する。
その中の一つがこの「オートアップ」である。これを装着すれば0.5メートルまで寄れる。
このオートアップ。所謂クローズアップレンズなのだが、レンジファインターカメラはレンズにのみクローズアップレンズを装着してもピント合わせができない。そのために、このオートアップは、距離計窓からファインダー部にまでクローズアップレンズを被せてしまうという、なんとも無理矢理凝った作りなのだ。そう、まるでライカのメガネレンズのようなものである。


何にせよ、前々から非常に欲しかったのだが、オークションではこれまた非常に出物が少ない。出ていても、下手をするとC35の相場価格の数倍になることも多く、なかなか入手のチャンスにはめぐり合えなかった。

今回はオークションにて手に入れたのだが、
この出物。商品画像も説明も無し。ただタイトルに「美品」とあるだけ。
美品と謳っている割には、1000円という格安での即決価格。
ちょっとありえないんじゃないか。そんな理由で敬遠されたのだと思う。

こんな冒険は危険である。
だが、自分はポチッてしまった。汗

荷物が届きドキドキしながら開梱すると、そこには新品同様と言っても良いほどのそれがあった。

歓喜の声を上げたことは言うまでもない。
もー、明日の会社の昼休みが楽しみでたまらないのである。
あー、撮りたい!

d0136130_23101243.jpgただ、もしや? と思い、試してみた。

あー、成功してしまったぁぁ。
コイツ、ローライXF35にもつくのである。(正確にはXF35のほうが鏡胴がコンマミリで太いので46mm径UVフィルターを装着してそこにはめている)
ファインダーを覗く限りでは、おそらく40センチ近くまで寄れている。

やっぱりC35の存在意義が揺らぐ・・・汗。
一番良いのはC35のボディにXF35のレンズなんだけどなぁ、
[PR]
by tanabatazabun | 2009-04-07 23:22 | camera
<< カレーパンマン ポールの墓場 >>


タグ
(55)
(22)
(19)
(17)
(17)
(15)
(15)
(15)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(4)
(2)
(2)
(2)

a href・・・

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧